SEOツール「Another HTML Lint」について徹底解説【HTML構文チェックツール】

サイトを作成する際にはHTML構文に注意することが重要です。

正しい文法でHTMLが記述されていないとユーザーが閲覧するときに正常に表示されなくなります。

サイトの評判が悪くなるだけではなく、検索エンジンからも低評価を受ける可能性があるのです。

そこで、HTML構文をチェックできるツールとして「Another HTML Lint」を取り上げます。

どんな特徴があるのか、どのような評価を受けているのかまとめました。

「Another HTML Lint」の特徴

「Another HTML Lint」の特徴についてまとめました。

特徴1.ブラウザ上で利用できる

「Another HTML Lint」はサイトにアクセスすればすぐにブラウザ上で利用できるツールです。

特別なソフトのダウンロードやインストールは必要ありません。

すぐに結果が出てきて、HTML構文の問題をチェックしてくれます。

特徴2.フリーツールである

「Another HTML Lint」はフリーツールとして無料で公開されています。

そのため、利用するときに料金は一切かかりません。

無料でありながらもしっかりとサイトのHTML構文の問題を検出してくれるため、便利でお得なツールです。

特徴3.W3Cの標準以外の点もチェックしている

HTML構文のチェックというと、W3Cの標準と照らし合わせてチェックするツールが有名です。

しかし、W3Cの標準と比較して正しかったとしても、実際にブラウザで閲覧したときには問題が生じることがあります。

そこで、「Another HTML Lint」は独自の基準からHTMLの妥当性を調べているのが特徴です。

そのため、より幅広い視点からHTML構文のチェックができます。

特徴4.オプションを指定できる

「Another HTML Lint」はチェックを開始するまえにさまざまな設定ができます。

特に「詳細オプション指定」として数多くのチェックポイントが用意されていて、それぞれについてチェックするかどうか決めることが可能です。

そのため、それぞれが独自の設定でHTML構文のチェックを開始することができます。

特徴5.アクセシビリティチェックを利用できる

「Another HTML Lint」のサイト内にはアクセシビリティチェックのツールも用意されています。

こちらも無料で利用することができ、アクセシビリティ評価ができるのが特徴です。

さまざまな視点からウェブサイトのアクセシビリティについて検証できます。

アクセシビリティが高いサイトは、ユーザーが情報や機能を利用しやすいといえるのです。

「Another HTML Lint」の運営会社

「Another HTML Lint」はハードコア株式会社によって運営されています。

2009年6月に設立された会社であり、代表者は神野 純孝です。

東京都に本社があり、従業員数は2019年1月31日時点で80名です。

デジタルトランスフォーメーションを支えるさまざまなソリューションの開発や保守、販売を行っている会社です。

これまで世界中の会社に導入実績があり、信頼されている会社といえます。

そんな会社に運営されている「Another HTML Lint」は信頼性が高いです。

「Another HTML Lint」の利用方法

「Another HTML Lint」を利用したいならば、まずはサイトにアクセスしましょう。

検証方法はURLとFILE、DATAの3種類が用意されています。

URLで検証する場合は、HTMLをチェックしたいサイトのURLを指定してチェックボタンを押せば良いです。

FILEの場合はHTML構文が記載されているファイルをアップロードしてチェックできます。

DATAは直接サイト上にある入力フォームにHTML構文を貼りつけてチェックを開始する方法です。

チェックをスタートすれば、すぐに結果が表示されます。

エラーの数が詳しく表示されていて、ページの下部にはエラーの内容が一覧で詳しく記載されています。

それぞれのエラーの内容をチェックして修正しましょう。

各エラーについては、解説ページへのリンクがあるため、そちらをクリックしてリンク先の解説をよくチェックするとよいです。

すべてのエラーを修正したならば、もう一度チェックしてみるとよいでしょう。

何度も修正を繰り返していくことで、より正しいHTML構文を整えることができます。

「Another HTML Lint」を利用するときのポイント

「Another HTML Lint」を利用するときに大切なポイントを紹介します。

点数について

「Another HTML Lint」でチェックすると、点数が表示されます。

点数は満点から減点していく方式であり、エラーの数やタグの数、タグの種類などを基準として計算されます。

重度のエラーはたくさん減点されて、軽度のエラーはあまり減点されません。

点数が極端にマイナスになっている場合は、いい加減な書き方をしている可能性があるため気をつけましょう。

ただし、点数は独自のものであり、確かな根拠があるわけではありません。

機械的に計算しているだけであり、満点だからといって必ずしも正しいとは限らないのです。

そのため、「Another HTML Lint」の点数はあくまでも参考として受け止めましょう。

解説がわからないときはHTMLの知識が不足している

「Another HTML Lint」ではそれぞれのエラーの解説をしていて、できるだけわかりやすく記述するように努力しています。

しかし、それでも解説を読んで理解できないケースがあるかもしれません。

その場合は、そもそもHTMLの知識が不足していると考えられます。

専門書やさまざまなサイトをチェックしてHTMLの基礎を学びましょう。

「Another HTML Lint」の評判

「Another HTML Lint」の評判についてまとめました。

「Another HTML Lint」の良い評判

・無料で利用できてお得

・エラーを一覧で表示してくれてわかりやすい

・エラーの解説があるため修正しやすい

「Another HTML Lint」は無料で提供されているツールでお得に利用できてよかったという声が多かったです。

また、チェック後にエラーが一覧で表示されてわかりやすいという人もいました。

エラーは丁寧に解説されていて、どのように修正すればいいのかわかりやすかったという口コミもあります。

このように「Another HTML Lint」は好意的な声が多いツールでした。

「Another HTML Lint」の悪い評判

・HTMLの知識がないと解説を理解できない

・満点を取っても閲覧時に問題が生じることがある

「Another HTML Lint」はエラーの解説がHTMLの知識を前提としているという点に不満をいだいているという人がいました。

また、満点を取ったとしても、どこかに問題が残っていることがあり、その点を不満に思う声もありました。

HTMLの知識については、きちんとした構文を記述するとなるとどうしても必要なものです。

HTMLの検証ツールについては絶対的に正しいものは存在しないため、結果はあくまでも参考程度にとどめておくべきでしょう。

まとめ

「Another HTML Lint」は下記のようなツールです。

・無料で利用できる

・WebページのHTML構文の誤りをエラーとして検出してくれる

・エラーは一覧表示されて解説も用意されている

WebページのHTML構文を正しい状態にしたいときには、「Another HTML Lint」でチェックしてみましょう。

Another HTML Lintはこちら

SEO最適な目次作成を効率化するならAI SEOライターツールがオススメ。無料プランもあります。
AI SEO ライターツール