サイト内の文章が他サイトとどれくらい似ているか調べることは大切です。

あまりにも類似点が多いとコピーコンテンツとして扱われてしまい、サイトの評価を下げることになります。

そこで、サイト内の文章のコピーチェックができるツールとして「CopyContentDetector」を紹介しましょう。

「CopyContentDetector」はどのような機能があるのか、どんな評価を受けているのか詳しく説明します。

「CopyContentDetector」の特徴

「CopyContentDetector」の特徴について説明します。

特徴1.サイト内の文章のコピーチェクをできる

「CopyContentDetector」はサイト内の文章がウェブからコピーされたものか素早くチェックできるツールです。

自社コンテンツの盗用チェックだけではなく、クラウドソーシングで作成した記事のコピペチェック、論文のコピペチェックなど幅広い用途で利用できます。

多くの人が利用していて、豊富な実績のあるツールです。

特徴2.登録したテキスト同士の比較ができる

「CopyContentDetector」は過去に登録したテキストのデータが蓄積されます。

そのため、過去に登録したテキスト同士の比較が可能です。

過去の文章と比較してどのくらいテキストが類似しているのか数値をチェックできます。

サイト内でコピーコンテンツが見つかってしまうと、価値の低いサイトとして扱われるため注意しましょう。

できるだけオリジナルで良質なコンテンツを増やすためにも、上記の機能は便利です。

特徴3.無料で4000字まで回数無制限で利用できる

「CopyContentDetector」は制限付きですが無料で利用できるツールです。

4000字までのテキストのチェックであれば無料で回数無制限で利用できます

利用する際には面倒な会員登録は不要です。

CSVを利用して文章を一括登録することもできます。

特徴4.連続登録が可能

他のツールとは異なる点として、「CopyContentDetector」は連続登録が可能です。

1つの文章のチェックをしている間に、別の文章を登録してチェックすることができます。

一気に登録しておいて、後でまとめて確認することが可能です。

特徴5.結果がひとめでわかりやすい

「CopyContentDetector」はわかりやすく結果を表示してくれるツールです。

テキストの中で重複している度合いに応じて色分けして表示されます。

コピーの疑いがあるかどうか全体の判定結果も出てきます。

結果をもとにして文章を修正するときに便利な表示がされるのです。

特徴6.分散処理で高速チェック

「CopyContentDetector」はチェックのスピードがとても早いのが特徴です。

サーバ複数台で処理を分散しているのが特徴であり、他のツールよりも高速にチェックすることができます。

目安としては200文字の文章で約5秒、1500文字ならば30秒、2500文字で90秒かかります。

そのため、ストレスなく使うことができるのです。

「CopyContentDetector」の有料プランについて

「CopyContentDetector」は有料プランを用意しています。

有料プランに登録することで、下記のようなメリットがあるのです。

・混雑時に処理が優先される

・広告エリアが非表示になる

・登録文字数の上限が8000文字になる

・Wordファイルのチェックができる

・ドメインを指定して充填チェックができる

・判定基準の設定を変更できる

・ワードプレスプラグインの利用が可能になる

「CopyContentDetector」を利用していて混雑が生じることがあります。

そのときには、有料プランの会員が優先的にチェックできるのです。

そのため、有料会員であればサーバーの混雑に関係なく快適に利用できます。

有料会員になると広告エリアや說明エリアが非表示になり、より快適に利用できるようになるのもメリットです。

有料では文字数の上限が8000文字となるためより長文のコピペチェックもできます。

有料プランは月額約1,000円のプランから用意されていて良心的です。

無料でも有料でもチェックの精度は変わらないため、まずは無料で利用してみて、満足できたならば有料にするとよいでしょう。

「CopyContentDetector」の利用方法

「CopyContentDetector」を利用するときには、コピーチェックしたい文章を登録しましょう。

直接、入力フォームに文章を貼りつければよいです。

CSV一括登録やテキスト一括登録といったメニューもあります。

登録したあとは、「チェックする」のボタンをクリックすると調査が開始されます。

ページの下の方にチェックの進行度が表示されるため確認しましょう。

すべてのチェックが終わるとチェックが終了したと表示されるため、詳しい結果を確認してください。

ブラウザのページを再読み込みしてからコピペチェック結果を見ましょう。

「CopyContentDetector」の項目

「CopyContentDetector」でコピペチェックをすると下記のような項目が表示されます。

・類似度判定

・一致率

・テキスト類似度

それぞれの項目は0~100までの%で表示されています。

類似度判定は、類似度が高い文章がどのくらい含まれているのか割合を示しています。

一致率は完全に一致している文章の割合です。

テキスト類似度は過去に登録したテキストとの一致度です。

それぞれについて、「良好」から「コピーの疑い」のどれかに判定されます。

基本的にすべての項目において「良好」を目指すと良いでしょう。

「CopyContentDetector」の評判

「CopyContentDetector」の良い評判と悪い評判をまとめました。

「CopyContentDetector」の良い評判

・無料でも十分活用できる

・たくさんの文章を同時にチェックできる

・結果がわかりやすい

「CopyContentDetector」は無料でも十分便利に活用できるツールのため評価されています。

たくさんの文章を同時にチェックできるため、効率よくコピペチェックができるという評価もあります。

また、結果が視覚的にわかりやすく表示されて、文章のどこを修正すればいいのかわかりやすいという評価もありました。

多くの人が利用していて、好意的な評価を集めているツールです。

「CopyContentDetector」の悪い評判

・チェックに時間がかかることがある

・長い文章のチェックができない

「CopyContentDetector」はチェックに時間がかかるという口コミがありました。

「CopyContentDetector」はシステム状況が常に表示されていて、チェック待ちやチェック中の数を確認できます。

時間帯によってはチェック待ちがかなり多くなっていることもあるのです。

人気の高いツールであり、大勢の人が利用しているため、サーバーが混雑することがあるのは仕方のない点です。

また、「CopyContentDetector」は有料プランでもチェックできる上限は8000文字までであり、この点に不満を感じている人もいます。

長文をチェックしたいときには、分割してチェックしなければいけません。

このような悪い評判も踏まえた上で利用を検討しましょう。

まとめ

「CopyContentDetector」は下記のような特徴のあるツールです。

・無料で4000字、有料で8000字までコピペチェックできる

・視覚的にわかりやすく結果を表示する

・同時に複数の文章をチェックすることができる

機能が充実していて、表示がわかりやすく、同時にコピペチェックできるといった点が評価されているツールです。

有料プランにすることでより便利に活用できます。

これからコピペチェックしたいときには、ぜひともチェックしましょう。

CopyContentDetectorはこちら

SEO最適な目次作成を効率化するならAI SEOライターツールがオススメ。無料プランもあります。
AI SEO ライターツール