自分のサイトにある発リンクのうち1つでも切れているものがあるとSEOに影響を与えてしまいます。

リンク切れを放置するとサイトの評価を下げることになり、検索順位が落ちてしまうかもしれません。

そこで、サイトのリンク切れをチェックするためのツールとして「dead-link-checker.com」を紹介します。

「dead-link-checker.com」がどのような特徴のあるツールでどんな評判を集めているのか説明しましょう。

「dead-link-checker.com」の特徴

「dead-link-checker.com」にどういった特徴があるのか紹介しましょう。

特徴1.リンク切れをチェックできる

「dead-link-checker.com」はリンク切れをチェックすることができるツールです。

URLを入力してチェックボタンを押すことによって、すぐにリンク切れの調査が始まります。

URLを指定することで、サイト全体のリンク切れがチェックされるのが特徴です。

特徴2.無料で利用できる

「dead-link-checker.com」は無料で公開されているツールです。

利用するのにお金はかからず、すぐに使い始めることができます。

登録せずにウェブ上で利用できるツールのため、特別な準備をすることなくすぐにリンク切れのチェックを始められるでしょう。

無料だからといって制限がかかっているということもないです。

「dead-link-checker.com」の運営会社が多くの人のために無料で運営しているのです。

特徴3.調査中のデータを確認できる

「dead-link-checker.com」で調査をしているときには下記の3つの項目について数字が表示されます。

・調査済数

・エラー数

・残調査数

どれだけ調査が終わっていて、あとどのくらい調査が残っているのか確認することができます

調査が終わるまで画面が変わらないようなツールと比較すると利用しやすいでしょう。

どのリンクがエラーになっているのかも調査中に確かめることができます。

特徴4.英語と日本語に対応

あまり日本人にとっては意味のない機能かもしれませんが、「dead-link-checker.com」は日本語だけではなく英語にも対応しています。

画面の右上に「English」と「日本語」というボタンが設置されています。

それぞれの言語をクリックすることで言語表示を切り替えることが可能です。

英語を使っている人にも展開されているのが「dead-link-checker.com」であり、それだけ多くの人に利用され信頼されているといえます。

「dead-link-checker.com」の運営会社

「dead-link-checker.com」を運営しているのは株式会社エスロジカルです。

セキュリティやウェブ開発、Unix開発、Go言語といった分野で事業を展開しています。

埼玉県さいたま市に所在していて、2006年の7月に設立されました。

2020年10月時点における資本金は450万円です。

さまざまな分野において豊富な実績があります。

そのため、エスロジカルの提案する「dead-link-checker.com」は信頼できるツールです。

ウイルスなどの心配はなく、安心して利用できます。

株式会社エスロジカルではSSL証明書の格安販売やSSLのアフィリエイトプログラムも展開されています。

これらは「dead-link-checker.com」のページの中で宣伝されているため、リンク切れチェックに時間がかかっているときにはチェックしてみるとよいでしょう。

「dead-link-checker.com」の活用方法

「dead-link-checker.com」のページにアクセスすると、URLの入力フォームが用意されています。

そちらに調べたいサイトのURLを入力しましょう。

入力ミスがあると調査を開始することができないため注意してください。

URLを入力してチェックボタンを押すことですぐに調査がスタートします。

調査が完了すると、発見されたエラーが一覧で表示されます。

エラーが出た発リンクのURLとメッセージが記されているのです。

エラーを確認できたならば、すぐに修正しましょう。

リンク先が存在しなくなっている場合は、リンクそのものを消すとよいです。

URLが間違えているためにリンクにエラーが生じていることもあります。

定期的に「dead-link-checker.com」を用いてリンク切れを調べておくとよいでしょう。

注意点としては、「dead-link-checker.com」ではリンクが切れている原因まで調べることはできません。

リンク切れのエラーが出ているものを確認できるだけです。

そのため、個別にそれぞれのエラーについて調べる必要があります。

「dead-link-checker.com」で困ったことがあったときには

「dead-link-checker.com」を利用していてトラブルが起きることがあるかもしれません。

たとえば、「dead-link-checker.com」を利用しようとしても、画面が変わらない、そもそもサイトにアクセスできないといった事態が起きることがあります。

そんなときには、運営会社の方へ直接問い合せをしてみるとよいでしょう。

株式会社エスロジカルではユーザーからの問い合せをいつでも受け付けています

少しでも気になることがあれば、気軽に問い合せてみましょう。

「dead-link-checker.com」の評判

「dead-link-checker.com」はどのような評判を得ているのか紹介します。

「dead-link-checker.com」の良い評判

・無料で使える

・調査済数と残調査数が表示されて便利

・リンク切れのエラーが一覧で表示される

「dead-link-checker.com」は無料で使うことができるツールとして評価されています。

特別な料金は発生せず、会員登録も必要ないため気軽に使えるという声が多いです。

調査しているときに調査済数と残調査数が表示される点も便利と評価されています。

最終的にはリンク切れのエラーについて一覧で表示されるため確認しやすいという声もありました。

このように「dead-link-checker.com」は総合的に見て高い評価を受けているツールです。

「dead-link-checker.com」の悪い評判

・最低限の機能しかない

・調査に時間がかかってしまう

・調査結果を出力することができない

「dead-link-checker.com」は指定したURLの中にリンク切れのエラーがないのか調べるだけのシンプルなツールです。

それ以上の機能は何も備わっていない点はマイナスの評価を受けています。

また、調査には時間がかかってしまう点も評判が悪いです。

調査結果を出力する機能がないため不便という意見もありました。

ただし、調査結果はコピペすることが可能なため、保存することはできます。

無料のツールであることを理解して、あまりあれこれ望まなければ十分満足して使えるツールといえるでしょう。

まとめ

リンク切れをチェックできる「dead-link-checker.com」について紹介しました。

ツールの特徴は下記の通りです

・無料で使えるツール

・リンク切れをチェックしているときに調査済数とエラー数、残調査数を確認できる

・結果は一覧で表示される

自分のサイトのリンク切れを調べたい人におすすめできます。

dead-link-checker.comはこちら

SEO最適な目次作成を効率化するならAI SEOライターツールがオススメ。無料プランもあります。
AI SEO ライターツール