SEOツール「Google AdWords キーワードプランナー」について徹底解説【キーワードを調査】

SEO対策のためにキーワードについて調査したい場面は多いです。

キーワードを選定したり、適切なキーワード対策をしたりするのにキーワード調査は役立ちます。

そこで、SEOツール「Google AdWords キーワードプランナー」を紹介しましょう。

どのような特徴のあるツールなのか解説します。

Google広告に付随する無料ツールがSEOツール「Google AdWords キーワードプランナー」

SEOツール「Google AdWords キーワードプランナー」は、Google広告に付随している機能です。

キーワード調査やキーワード選定を支援してくれます。

本来はGoogleに広告を出稿するときに活用するツールなのですが、SEO対策に利用することもできます。

利用するためにはGoogle広告にユーザー登録する必要があるため注意しましょう。

用途は限定されていないため、SEO対策にも自由に活用できるツールです。

SEOツール「Google AdWords キーワードプランナー」の機能について

SEOツール「Google AdWords キーワードプランナー」にどのような機能が備わっているのか紹介します。

新しいキーワードを見つける

さまざまな語句について検索してみると、それに関連性の高いキーワードが表示されます。

それぞれのキーワードの月間平均検索ボリュームや競合性といったデータも出てくるのが特徴です。

月間平均検索ボリュームとは、1ヶ月の間にどのくらいそのキーワードが検索されたのか数字の目安が出てきます。

競合性とは広告出稿の際のライバルの多さのことです。

競合性の高いキーワードほどCVを見込むことができます。

Google広告のためのツールのため、それぞれのキーワードの入札単価も示されています。

キーワードを調査する

キーワード調査ツールが用意されていて、各キーワードの検索頻度や検索数の推移を確認できます。

得られるデータを活用することで、これから大きなアクセス数を見込めるキーワードを絞り込むことが可能です。

フィルタ機能

SEOツール「Google AdWords キーワードプランナー」を使うときには、地域や言語、検索ネットワークといった条件を絞ることが可能です。

通常は地域が日本、言語が日本語、検索ネットワークはGoogleに設定されています。

もし、海外展開を考えているならば、それぞれ適したフィルタを設定すればよいのです。

それ以外にも豊富なフィルタ機能が用意されているため、それぞれの目的に合わせて使いこなしましょう。

広告を出稿するのに役立つ機能

SEOツール「Google AdWords キーワードプランナー」では、キーワードごとに入札単価の見積りを表示できます。

また、広告プランを追加することで、実際に広告の運用を始めることも可能です。

Googleに広告を出稿したいと考えている人は、スムーズに広告を出すことができます。

検索結果のダウンロード

キーワードプランナーで検索した結果については、CSVによりダウンロードすることが可能です。

後でエクセルで利用できるファイル形式となっていて便利です。

検索結果を共有したり、オフラインで確認したりするときに役立ちます。

デバイスごとの内訳を確認

キーワードプランナーの検索結果は、デバイスごとに内訳をチェックすることもできます。

「モバイル」「タブレット」「デスクトップ」の3つのデバイスの内訳をチェックできるのが特徴です。

キーワードによってスマホでよく検索されるものや、パソコンで検索されるものなど傾向の違いがわかります。

SEOツール「Google AdWords キーワードプランナー」の使い方

Googleのツールのため、まずはGoogleアカウントでログインする必要があります。

アカウントを持っていないならば、事前にアカウント作成をしましょう。

また、Google広告のサービスへの登録も必要です。

あくまでもGoogle広告に付随したサービスとなっているからです。

ただし、広告への出稿をしなくても、キーワードプランナーの機能だけ利用することはできます。

登録を終えたならば、Google広告のページからツールの中のキーワードプランナーを選択します。

キーワードプランナーの画面では「キーワードを検索」と「検索ボリュームと検索の予測を取得」から選ぶことができます。

この2つがメインの機能となっているため、それぞれ目的に合わせて選ぶとよいでしょう。

「キーワードを検索」では、単語やフレーズ、URLを入力することで関連するキーワードが表示されます。

「検索ボリュームと検索の予測を取得」では、調べたいキーワードを入力して利用します。

SEOツール「Google AdWords キーワードプランナー」を上手く活用するコツ

これからツールを利用する際のコツについて紹介します。

キーワードリストを作成する

これからサイトで扱いたいものに関連したキーワードを思い浮かべてみましょう。

たとえば、商品を販売するサイトをつくる場合には、その商品に関連したキーワードをイメージしてみるのです。

キーワードリストを作成したならば、キーワードプランナーの「キーワードを検索」の機能を活用してください。

これによって、関連キーワードを調べることができます。

その結果から新たなキーワードをリストに加えることで、サイトに盛り込むべきキーワードのリストがつくれます。

フィルタリング機能を有効活用する

たとえば、「キーワードのテキスト」というフィルタリングでは指定したキーワードがテキストに含まれるキーワードのみを抽出できます。

「月間平均検索ボリューム」のフィルタでは、たとえば「>=」「1,000」を指定することで1,000以上の検索ボリュームのあるキーワードのみを表示させることが可能です。

複数の条件を細かく指定することもできます。

指定できるフィルタは他にも以下のようなものがあります。

・アカウントのキーワードを除外

・競合性

・広告インプレッション シェア

・オーガニック検索の平均掲載順位

・アダルト向けの候補を除外

上手くフィルタリングすることで、より効率的にキーワード調査を進められます。

SEOツール「Google AdWords キーワードプランナー」の評判

SEOツール「Google AdWords キーワードプランナー」について良い評判と悪い評判をまとめました。

良い評判

下記のような良い評判が寄せられています。

・無料で利用できる

・機能が豊富にある

・ウェブ上で利用できる

Googleに登録する必要があるのですが、基本的に無料で利用できるツールのため、その点は評価されています。

キーワード調査に活用できる豊富な機能がある点も評価が高いです。

また、インストールの必要はなく、ウェブ上で利用できて、検索結果のダウンロードも可能な点も評価されています。

悪い評判

下記のような悪い評判が寄せられています。

・Googleにログインしないと利用できない

・検索ボリュームは大まかにしか表示されない

・SEO対策のツールではない

まず、Googleにログインしないと利用できない点は評判が悪いです。

また、検索ボリュームについては、大まかな数字しか表示されません。

細かい検索ボリュームを知りたいならば、別のツールを利用するしかないのです。

あくまでもGoogle広告のためのツールのため、SEO対策に関する本格的な機能はなく、その点は留意して利用しなければいけません。

まとめ

SEOツール「Google AdWords キーワードプランナー」は下記のような特徴のあるツールです。

・Google広告の提供するキーワード調査のツール

・検索ボリュームや関連キーワードを調べられる

・無料で利用できる

これからSEO対策としてキーワード調査を始めたいときに気軽に利用できるおすすめのツールです。

Google AdWords キーワードプランナーはこちら

SEO最適な目次作成を効率化するならAI SEOライターツールがオススメ。無料プランもあります。
AI SEO ライターツール