SEOツール「キーワードファインダー「KEYWORD FINDER」」について徹底解説【キーワードを調査】

SEO対策においてキーワード対策を進めることはとても大切です。

単に特定のキーワードを多く含めればいいわけではなく、それに関連したキーワードも含めることが重要です。

そこで、対策したいキーワードについて、どんなキーワードをページに含めるべきか選定しなければいけません。

キーワード選定に役立つツールとしてSEOツール「キーワードファインダー」を紹介します。

SEOツール「キーワードファインダー」とは

SEOツール「キーワードファインダー」を用いると重要・関連キーワードの自動収集ができます。

それぞれの検索順位について自動チェックすることも可能です。

キーワード対策をする上でどのようなキーワードをサイトに含めれば効果的なのか考えることは大切です。

SEOツール「キーワードファインダー」を利用すれば、効果的なキーワードの取得を自動的に行なってくれます。

これまでに発見したキーワードの累計数は800万を超えています。

数多くのキーワードについて、効果的なキーワードを自動取得してきた実績があり、信頼されているツールです。

SEOツール「キーワードファインダー」の機能

SEOツール「キーワードファインダー」にどのような機能が搭載されているのか詳しく説明します。

CVキーワードがわかる

SEOツール「キーワードファインダー」にはGoogleアナリティクスと連携できる機能があります。

その結果、実際に売上に貢献したCVキーワードを知ることができます。

CVとはコンバージョンのことで、ウェブサイトにおいて最終的な成果を上げたという意味です。

たとえば、ECサイトであれば商品購入がCVとなります。

実際にCVのあったキーワードを抽出する機能があるため、これから対策するべきキーワードを明らかにできるのです。

CVキーワードを重点的に対策したり、関連キーワードを増やしたりすることで対策ができます。

CV見込みキーワードがわかる

これから対策するべきキーワードを調べることができます。

CVキーワードとは別にCVの見込めるキーワードやCV率の高いキーワードが表示されるのです。

CV見込みキーワードを参考にしながらサイトのコンテンツ強化を進めるとよいでしょう。

キーワードマップ

キーワードマップの機能を用いるとユーザーの求めているキーワードが視覚的にわかりやすく表示されます。

たとえば、「ダイエット」というキーワードでマップを表示させると、「ダイエット」で検索したユーザーの求めているキーワードが出てくるのです。

グーグルサジェストをマップ化する機能であり、月間検索ボリュームによって点の大きさが変わります。

また、SEO難易度を色で識別する機能もあります。

おすすめのキーワード表示

これからSEO対策をする上でおすすめのキーワードを表示する機能もあります。

自動で毎日おすすめのキーワードを取得して表示されるため、コンテンツや記事の作成に役立てられるでしょう。

想定流入キーワードの表示

Googleアナリティクスとサーチコンソールとの連携が可能です。

これによって、検索流入しているキーワードを表示させることができます。

月間検索数や順位の表示が可能であり、今後どのキーワードを重視するべきかわかりやすくなります。

コンテンツ分析機能

キーワードを入力して上位20ページに表示されるサイトの情報を抽出してデータ分析ができます。

たとえば、上位表示されたページの文字数や単語数をグラフで表示可能です。

平均値と中央値が表示されて、対象とするページとの比較や分析に役立ちます。

狙ったキーワードで上位表示させるためにはどのくらいのコンテンツ量が必要なのか目安を知ることもできます。

指定したキーワードの共起語を出現率や重要度順に表示させることも可能です。

上位ページの見出しタグをまとめて確認することもできます。

「コンテンツチェッカー」という機能があり、文章を入力して、それが最適な値に近づいているかどうかチェックすることが可能です。

具体的には記事の文字数やキーワードの有無、h1の内容の変化に注目します。

サイトの順位改善に活用できる機能が備わっています。

SEOツール「キーワードファインダー」のプランと料金

SEOツール「キーワードファインダー」の各プランと料金についてまとめました。

プロフェッショナル

プロフェッショナルは複数のサイトを同時に運営している人におすすめのプランです。

10サイト登録が可能であり、管理できるキーワード数は5,000件です。

契約期間は3ヶ月からであり、料金は月10万円です。

スタンダード

一番人気のあるプランがスタンダードです。

小規模なサイトを運営している人におすすめのエントリープランです。

3サイト登録が可能で、管理キーワード数は2,000件です。

料金は月に5万円となっていて、契約期間は3ヶ月からです。

エンタープライズ

大規模なサイトの運営を行っている人、SEO事業を行っている人におすすめできるプランです。

最大30サイト登録可能であり、管理できるキーワード数は15,000円です。

月の料金は20万円であり、契約期間は3ヶ月からです。

各プランを利用するときの注意点

契約は自動更新となっているため、満了日までに契約の連絡をしないと継続してしまいます。

支払いは毎月発生して前払いです。

契約に関して不明な点や疑問点があれば、すぐに問い合わせをしましょう。

各プランの内容については、サイトやキーワード数に上限が設定されています。

上限を超える契約を望むならば、個別に見積りしてもらうことが可能です。

また、有料プランを利用するまえに無料デモ体験を活用することができます。

SEOツール「キーワードファインダー」の無料デモ体験

SEOツール「キーワードファインダー」は7日間の無料デモ体験を用意しています。

公式サイトに無料デモ体験の受付ページがあり、必要事項を入力して申込みをしましょう。

1社につき1アカウント限定となっているため注意してください。

無料デモ体験は一部の機能が制限されるのですが、ほとんどすべての機能を有料プランと同様に活用することができます。

SEOツール「キーワードファインダー」の評判

SEOツール「キーワードファインダー」への評判は下記の通りです。

・自動チェックできて作業時間を短縮できる

・クラウド型でインストールの必要がない

・結果がグラフで表示され視覚的にわかりやすい

・競合他社の分析に役立った

クラウド型のツールであり、パソコンを立ち上げなくても自動チェックすることができます。

そのため、SEO対策のための作業時間を短縮することが可能です。

解析結果はグラフで表示されるため、わかりやすいという声もありました。

競合他社について分析するのに役立てることができたという口コミもあります。

競合他社の検索順位を調べることができ、他社との差別化を図るために利用できます。

これからサイトのキーワードプランを考える上で役に立ったという口コミは多かったです。

まとめ

SEOツール「キーワードファインダー」の主な特徴は下記の通りです。

・キーワードの検索数やSEO難易度などを知ることができる

・競合他社の分析に活用することができる

・クラウド型で自動でデータの分析や解析を任せられる

・コンテンツ作成や修正の際にどんなキーワードを含めるべきかわかる

SEO対策をする上で鍵となるのはキーワードです。

サイトのキーワードについて、さまざまなデータを得ることができ、今後の方針を立てるときにも便利なツールのため、興味のある人はまず無料デモ体験を試してみましょう。

キーワードファインダーはこちら

SEO最適な目次作成を効率化するならAI SEOライターツールがオススメ。無料プランもあります。
AI SEO ライターツール