自分のサイトの外部対策をする上で被リンクを調べることは大切です。

また、競合サイトについて分析する際にも被リンクをチェックすることは重要となります。

そこで、自分のサイトや競合サイトの被リンクを解析できるツールである「Majestic SEO」について紹介しましょう。

「Majestic SEO」にはどんなメリットがあるのか、どんな評判を集めているのか説明します。

「Majestic SEO」の特徴

「Majestic SEO」の特徴をそれぞれ解説しましょう。

特徴1.被リンクを調査できる

「Majestic SEO」を用いることで、指定したサイトにどんなサイトがリンクしているのか調べることができます

すべてのサイトについて被リンクを調べられるため、ライバルサイトをチェックすることも可能です。

特徴2.さまざまな指標で解析できる

調査した結果についてはさまざまな指標によってフィルタリングすることができます。

そのため、「Majestic SEO」は被リンクの結果について分析や解析することもできるツールです。

独自の指標を用意していて、他のツールではできない解析が可能です。

特徴3.日本語に対応している海外ツール

「Majestic SEO」を開発しているのは英国のMajestic社です。

そのため、基本は英語のツールなのですが、必要な部分については日本語化されているため、英語ができなくても特に困りません。

特徴4.無料トライアルを用意している

「Majestic SEO」は有料版もあるのですが、無料トライアルも用意しています。

無料だと利用制限があるのですが、基本的な機能を使うことができるため、十分満足できるでしょう。

試しに無料トライアルで利用してみて、ツールの価値を確かめてから有料版を利用するかどうか検討できます。

そのため、お金を無駄にすることなく、気軽に試してみることができるツールです。

特徴5.インストール不要でウェブ上で利用できる

「Majestic SEO」を利用する際にはインストールの必要はありません

ウェブ上ですべての機能を利用できるツールです。

登録を済ませて、必要な設定を済ませれば、すぐにブラウザ上で調査を開始できます。

「Majestic SEO」のプランと料金

「Majestic SEO」ではLITEとPRO、APIという3つのプランを用意しています。

LITEプランは下記のような特徴があります。

・月額49.99$

・1名のユーザーのみ利用できる

・解析可能被リンク数の上限 100万

・APIアクセスは不可能

LITEはお手頃な料金設定であり、ライトユーザーやドメイン業者に適したプランです。

次にPROプランの特徴を紹介します。

・月額99.99$

・LITEよりも使える機能が多い

・解析可能被リンク数の上限 2,000万

・APIアクセス 不可能

PROプランはLITEよりも多くの機能を利用することができて、制限も少ないです。

たとえば、ヒストリックインデックスや生データのエクスポート、被リンク履歴といった機能が追加されます。

本格的に被リンクの解析をしたいプロ向けのプランです。

最後にAPIプランについて紹介します。

・月額399.99$

・5名のユーザーが利用できる

・PROの全機能に加えてAPIアクセスが可能

・解析可能被リンク数の上限 1億

APIプランではAPIアクセスが可能となり、すべての機能を利用できるプランです。

5名のユーザーが利用することができ、大企業やデベロッパーに適しています。

料金の支払いはクレジットカードやデビットカード、PayPalに対応しています。

アカウントのアップグレードは随時可能なため、必要であればアカウントページから簡単に手続きが可能です。

「Majestic SEO」のサイトエクスプローラーについて

「Majestic SEO」の代表的な機能がサイトエクスプローラーです。

サイトエクスプローラーを使うことで被リンクの状況をさまざまな項目や指標から簡単に把握できます。

ビジュアルや数値によって結果が表示されるため、直感的に理解できるのが特徴です。

サイトエクスプローラーを利用するとサマリが表示されます。

サマリからは下記のようなデータをチェックできます。

・外部被リンク

・参照元ドメイン

・参照元IP

・参照元クラスC

さらに、サイトエクスプローラーでは独自のスコアとして下記の指標を確認できます。

・TF

・CF

・TOPICAL TRUST FLOW

TFとはリンクの品質を0~100までのスコアで表したものです。

品質の高い被リンクほどスコアが高くされ、危険な被リンクほどスコアが低くなります。

CFとはウェブサイトの被リンクのボリュームに基づいた影響度を予測したものです。

単に被リンクの数だけではなく、強さも考慮した上で0~100までのスコアが表示されます。

TOPICAL TRUST FLOWとは各カテゴリへの影響をスコアで表したものです。

どの業界に対して大きな影響力があるのかわかります。

「Majestic SEO」のサポート体制について

「Majestic SEO」はイギリスの会社のツールですが、日本語でもしっかりとサポートに対応しています。

FAQや用語集といったものがサイトにあるため、詳しい点は日本語の解説を確認できます。

問い合わせフォームも用意されていて、日本語で不明な点について質問することも可能です。

ただし、一部には英語の情報しかない部分もあるため、英語を使えた方がより多くの情報を集められます。

たとえば、英語のフォーラムが用意されていて、多くのユーザーが情報交換しているのです。

「Majestic SEO」の運営会社

「Majestic SEO」を運営している会社の情報は下記の通りです。

・会社名 Majestic

・設立 2008年2月

・創業者 アレックス・チュドノフスキー

もともとアレックス・チュドノフスキーが創業した「Majestic-12」という会社があり、同社が「Majestic」を設立しました。

設立されてから急成長を遂げていて、リンク情報データを扱うプロバイダーとして最大手となったのです。

世界中でMajesticのサービスは利用されていて、毎日数十億ものURLの解析を行っています。

「Majestic SEO」の評判

「Majestic SEO」について、良い評判と悪い評判をまとめました。

「Majestic SEO」の良い評判

・海外ツールだけれども日本語に対応していて安心

・被リンクを解析して豊富なデータを表示してくれる

・グラフを用いて可視化されていてわかりやすい

「Majestic SEO」は英語のツールだけれども日本語化されている部分が多く安心して利用できるという声が多かったです。

被リンクを解析すると豊富な解析結果がデータとして表示されて、得られる情報量が多いと評判です。

グラフを表示して解析結果を把握しやすいという声もありました。

多くの人が好意的な評価をしているツールです。

「Majestic SEO」の悪い評判

・一部英語でないと理解できない部分がある

・多くの項目がありどれを見ればいいかわかりにくい

「Majestic SEO」はできる限り日本語化が進んでいるのですが、それでも一部については英語のままとなっています。

英語ができないとすべての情報にアクセスできない点に不満を感じる人がいるようです。

解析結果の項目が多く、どれをチェックすればいいのかわかりにくいという声もありました。

この点については、サイトで日本語による解説をしているページがあるため、そちらをチェックすれば解決できることが多いです。

まとめ

「Majestic SEO」は下記のような特徴のあるツールです。

・被リンクの状況を解析してくれるツール

・独自の指標でスコア化してくれる

・グラフを用いてわかりやすく可視化してくれる

豊富なデータを得られて、さまざまなグラフや指標が表示されてわかりやすいという評価を受けています。

自社サイトやライバルサイトの被リンク状況をチェックしたいときに活用してください。

Majestic SEOはこちら

SEO最適な目次作成を効率化するならAI SEOライターツールがオススメ。無料プランもあります。
AI SEO ライターツール