SEO対策の際には検索エンジンの順位変動を確認することは大切です。

順位の推移を確認することで今後の対策を考える材料となります。

それでは順位変動チェックツールの1つである「SERPmetrics」を紹介しましょう。

どういった機能があるのか、どのように使えばいいのか、どんな口コミ評価を受けているのかをまとめました。

「SERPmetrics」の特徴

「SERPmetrics」の特徴についてまとめました。

特徴1.英語のツール

「SERPmetrics」は英語のサイトで提供されているツールです。

そのため、基本的な情報はすべて英語で書かれていて、日本語で確認することはできません。

この点には注意をして活用しましょう。

基本的にシンプルな内容のツールのため、英語がわからなかったとしても、それほど苦労はしないでしょう。

特徴2.GoogleとBingに対応している

「SERPmetrics」はGoogleとBingという2つの検索エンジンについて、順位変動を確認することができるツールです。

他のツールではGoogleにしか対応していないことが多いのですが、「SERPmetrics」はBingにも対応しているのが特徴です。

ただし、日本人のユーザーの多いYahoo!には対応していないため、その点は注意しましょう。

特徴3.線グラフで変動をあらわしている

他のツールだと順位変動が棒グラフであらわされていることが多いのですが、「SERPmetrics」では線グラフによって変動を示しています。

線グラフのほうがわかりやすいという人にとって、「SERPmetrics」は見やすいツールといえます。

過去から現在に至るまでの順位変動の様子をわかりやすく確認できるのです。

特徴4.海外の順位変動を確認できる

「SERPmetrics」で確認できるのはあくまでも海外の順位変動です。

日本の順位変動ではないのですが、海外の状況を確認できる点にはメリットがあります。

基本的にGoogleやBingでアルゴリズムが更新されたときには、まず海外に影響が出るとされているのです。

海外に影響が出てから日本にもその影響が波及していきます。

したがって、海外の順位変動を素早く察知することができれば、日本のサイトにすぐに対策を施すことができるのです。

こういった点でも「SERPmetrics」は利用価値のあるツールといえます。

特徴5.トップ100のサイトの順位のみを確認できる

「SERPmetrics」で検索順位変動の基準とされているのはトップ100のサイトです。

そのため、検索数の多い上位サイトの傾向を確認することができます。

上位サイトというのは、検索アルゴリズムの変化の際に大きな影響を受けるとされているのです。

上位サイトの順位が大きく変化しているということは、当然下位サイトにもかなりの影響を及ぼす可能性があります。

そのため、「SERPmetrics」の結果というのはとても信憑性があるのです。

特徴6.APIを利用して情報を取得できる

「SERPmetrics」はAPIを活用して情報を取得できる機能も用意されています。

ランク追跡APIを活用することができるため、より自分たちの欲しいデータを快適に取得することが可能です。

特徴7.世界中の人が利用している

「SERPmetrics」は英語のツールのため、ユーザーは世界中に存在しています

そのため、日本語のみのツールと比較すると利用者の数はかなり多いのです。

たくさんの人に利用されているツールのため、とても信頼できます。

「SERPmetrics」の利用方法

「SERPmetrics」はサイトにアクセスすれば、すぐにグラフを確認することができます。

トップページにあるグラフを確認するだけであれば無料で利用することが可能です。

これだけでも十分に役立つ情報を得られるでしょう。

さらに、「SERPmetrics」ではAPIを活用することもできます。

ランク追跡APIを利用する際には、料金がかかるため注意しましょう。

ただし、14日限定で無料トライアルが用意されています。

この場合、クレジットカードを利用せずにトライアルを開始できるため安心しましょう。

何もしていないのに料金を請求されるようなことはありません。

APIを利用したいのであれば、最初に登録する必要があります。

トップページから「Request an API Key now」をクリックすることで登録ページに飛びます。

すると下記の3つの項目が用意されているため、それぞれ記入しましょう。

・Your Name(名前)

・Company Name(社名)

・Email(メールアドレス)

それぞれの項目を入力してから「Request an API key」をクリックすることで登録が完了します。

詳しい情報についてはサイトで說明されています。

APIに関する說明が豊富に掲載されているのですが、すべて英語で說明されているため注意しましょう。

料金は月額$0.85からとなっています。

「SERPmetrics」のAPIでできること

「SERPmetrics」でトップページに表示されているのは、「SERPmetrics」が設定した調査方法による結果です。

そうではなくて、独自に細かな設定をして検索順位変動を調べたいときには、APIを活用するとよいでしょう。

たとえば、どのようなキーワードで順位変動を検索したいのか、APIによって指定することができます。

自社サイトでターゲットとしているキーワードについて、順位変動を調べておくと、SEO対策にとても役立つでしょう。

APIの設定は専門的なものであり、初心者には難しいのですが、きちんと活用できるようになるとSEO対策に大きく寄与します。

本格的にSEO対策をしたいのであれば、APIを活用するとよいでしょう。

「SERPmetrics」の評判

「SERPmetrics」の評判をまとめました。

「SERPmetrics」の良い評判

・海外の順位変動状況を無料でチェックできる

・APIを利用して独自の設定で調査できる(有料)

・GoogleだけではなくBingの調査結果もわかる

・グラフがわかりやすい

「SERPmetrics」は海外の順位変動状況を調べられて良かったという声が多かったです。

また、有料ですがAPIを活用できるため、独自設定で順位変動を確認できたのも良かったという声がありました。

GoogleのみならずBingの結果もわかるのが良かったという人もいました。

線グラフが視覚的にわかりやすかったという声もあります。

このように好意的な声は多く寄せられていました。

「SERPmetrics」の悪い評判

・日本語に対応していない

・日本語の情報が限られている

・APIを活用しないとキーワードを絞った結果がわからない

「SERPmetrics」は海外のツールであり、日本語に対応していない点に不満をいだいている人は多いです。

また、日本語の情報がそもそも限られているため、英語が理解できないと本格的な活用ガ難しいという声もありました。

APIを利用しないとキーワードを絞って順位変動を調べられない点も悪い評判となっています。

こういったマイナスな点があることも理解して利用しましょう。

まとめ

「SERPmetrics」は下記のようなツールです。

・英語のツール

・GoogleとBingの順位変動状況をグラフで表示してくれる

・APIによって独自の設定ができる

海外の順位変動状況を知りたいときに役立ちます。

APIを活用すれば、さらに便利に利用できるでしょう。

ただし、すべて英語のツールであることに注意してください。

SERPmetricsはこちら

SEO最適な目次作成を効率化するならAI SEOライターツールがオススメ。無料プランもあります。
AI SEO ライターツール