SEO対策で競合調査をすることはとても重要です。

競合の現状を知ることによって、自社サイトで今後注力すべきポイントが見えてきます。

これから競合サイトについて調べたいときに役立つのがSEOツール「ユーザーローカル」です。

SEOツール「ユーザーローカル」にはどういった特長があるのか紹介しましょう。

SEOツール「ユーザーローカル」の特長

株式会社ユーザーローカルは、ビッグデータと人工知能の力によってウェブマーケティングやメディア解析などを助けるサービスを展開しています。

そんなユーザーローカルはさまざまなSEOツールを提供しています。

顧客がデータ分析に時間をかけなくてもいいようなツールとなっています。

直感的に利用することができて、SEO対策における解決策を導ける製品です。

これまでに多数の企業に導入されてきた実績があります。

自社サイトや競合サイトについて、さまざまなデータを集めることができるため、データ分析にとても役に立つのです。

SEOツール「ユーザーローカル」の機能

「ユーザーローカル」のツールにどのような機能が備わっているのか説明します。

ヒートマップ機能

ヒートマップはデータを可視化するために色を用いて視覚化する方法です。

「ユーザーローカル」のツールによって、サイトにおけるユーザーの動きを可視化できるヒートマップの機能を活用できます。

サイト内で最も見られている場所は濃く表示されて、あまり見られていない部分は薄く表示されるのです。

ヒートマップをチェックすることで、ユーザーの心理を把握できます。

ユーザーがページのどの部分を見てクリックしているのか、コンテンツのうちどこがよく見られているのかを直感的に確認できるのです。

サイトのユーザーインターフェイスの改善をしたいときに役立ちます。

ユーザー属性分析

ユーザー属性分析とはサイトを訪れたユーザーの属性を細かく分析して、サイトの改善に生かすことです。

ユーザー属性分析では以下のような情報がわかります。

・年齢構成

・男女比

・アクセス頻度

・インターネット利用率

・コンバージョンの有無

「ユーザーローカル」のツールを用いるとアクセス解析ができて、年齢や性別などの大まかな比率が明らかになります。

サイトのページごとに分析することができ、それぞれのコンテンツがどんなユーザーに訴求できているのかがわかるのです。

競合サイトで調べることも可能であり、競合のターゲット層の分析に役立ちます。

接続元地域分析をすることも可能です。

これによって、どの国や都道府県からのアクセスが多いのかがわかります。

ログイン機能のあるウェブサイトで、ログイン会員からのアクセスがどの程度の割合なのか調べることもできます。

どんな端末やブラウザからのアクセスが多いのか知ることも可能です。

このようにサイト訪問者について充実した情報を得られます。

SEOツール「ユーザーローカル」の料金

「ユーザーローカル」の提供する「User insight」の料金は下記の通りです。

・~50万PV 月額50,000円

・~400万PV 月額100,000円

・400万PV超 問い合わせ

サイトの規模によって料金が変わってくるため注意しましょう。

詳しい料金については問い合わせをして情報を伝えることで詳細を教えてもらえます。

SEOツール「ユーザーローカル」の活用方法

「ユーザーローカル」のSEOツールにはどのような活用方法があるのか紹介します。

競合分析

競合サイトについて、さまざまな情報を得ることができます。

競合サイトのヒートマップやユーザー属性分析を通して、どんなターゲット層を重視しているのか、どのようなコンテンツが人気を集めているのかがわかるのです。

競合サイトとの差別化を図ることがSEO対策では重要となります。

競合分析を進めることで、自社サイトの改善について方針を定めることができるのです。

レイアウト分析

ヒートマップ機能を活用すると、レイアウト分析ができます。

どのコンテンツがよく閲覧されているか、逆にどのコンテンツが閲覧されていないかがわかるのです。

閲覧されている部分とそうでない部分を比較して分析することで、どうすればユーザーにもっと訴求できるのかがわかります。

また、ユーザーの気持ちを知ることもできます。

たとえば、ECサイトのヒートマップをチェックすることで、ユーザーが購入に前向きになっているか、価格について迷いがあるのかがわかるのです。

レイアウト分析を通してコンテンツや価格設定などを改善することで、ユーザーの行動を促すことができます。

読者属性を調べて広告主にアピールする

自社のサイトにどのような属性のユーザーが訪れているのか調べることができます。

細かく分析できれば、広告主にアピールするときに根拠を提示できるのです。

読者の性別や年齢、アクセス組織などを詳しく調べられるため、広告主へのPRに役立つ情報を取得できます。

また、競合サイトの読者属性と比較することで、自社の優位性をアピールすることもできます。

SEOツール「ユーザーローカル」を導入する方法

ユーザーローカルの公式サイトにアクセスすると、主要製品を紹介するページが出てきます。

競合他社サイトの分析をしたいのであれば、その中から「User insight」という製品を選択しましょう。

資料をダウンロードすることができ、そこに製品カタログや活用事例、申込みフローの詳細が記載されています。

ユーザーローカルのサービスを利用するには会員登録が必要です。

公式サイトのトップページから新規登録のページを開いて必要事項を入力すれば登録できます。

後は実際に申し込みをして料金を支払えば利用できるようになります。

ユーザーローカルのサイト上で使えるツールのため、インストール作業は発生しません。

解析したいHTMLタグを貼りつければすぐに解析できます。

SEOツール「ユーザーローカル」の評判

SEOツール「ユーザーローカル」について良い評判と悪い評判をまとめました。

SEOツール「ユーザーローカル」の良い評判

SEOツール「ユーザーローカル」の良い評判には下記のようなものがありました。

・ヒートマップで直感的にサイトの状況を把握できる

・インストールする必要がなくて便利

・ユーザー属性を詳細に知ることができる

ヒートマップ機能によって、サイトのどこがよく見られているか、どこがよくクリックされているかといった情報を得られて助かったという声がありました。

ツールを使うのにインストールする必要がなく、すぐに導入できて便利だったという評価もあります。

ユーザー属性について調べることができ、他社サイトの分析に役立ったという声もありました。

全体的に好意的な口コミがたくさんあり、評判の良いツールといえます。

SEOツール「ユーザーローカル」の悪い評判

SEOツール「ユーザーローカル」について悪い評判として下記のような声がありました。

・動作が重い

・表示されない企業がある

・もっと多くの気づきを得られると嬉しかった

利用していて動作が重く感じたという声がありました。

ただし、動作の重さは利用時期や利用環境などに影響するため、すべての人に当てはまるとは限りません。

解析をしようとしたけれども、一部の企業で表示されなかったという報告もありました。

場合によっては新しい企業が反映されていない可能性があるため注意しましょう。

ヒートマップからもっと多くの気づきを得られると良かったという声もありました。

ヒートマップは、視覚的にわかりやすくて便利なのですが、得られる情報量はそれほど多くなく、自分たちで解釈する必要があります。

そのため、ヒートマップを漠然と見ているだけだとあまり有用な情報を得られなかったという人もいるのです。

まとめ

「ユーザーローカル」のSEOツールについてまとめました。

ヒートマップやユーザー属性について調べられる「ユーザーローカル」の「User insight」には下記のような特長があります。

・サイトのヒートマップやユーザー属性の分析をできる

・インストールやダウンロードの必要がなくウェブ上で利用できる

・自社サイトや他社サイトの分析に活用できる

他社サイトの分析から自社サイトの改善まで多様な目的に対応できるツールです。

SEOツール「ユーザーローカル」はこちら

SEO最適な目次作成を効率化するならAI SEOライターツールがオススメ。無料プランもあります。
AI SEO ライターツール